2017年12月31日

自分でもできるこうもり撃退法

こうもりは日本各地で生息していますが、その中のアブラコウモリは住宅内部にも侵入して住処にする種類です。

体は小さく体長は5センチ程度、体重は10g程度ですから、1~2センチほどの小さな隙間からでも侵入することができます。

そのため、知らない間に侵入されてしまい、屋根裏に数百匹も住んでいたというケースもあるほどです。

こうもりが屋根裏に住み続けていると、糞尿などの悪臭になやまされるだけではなく、さまざまな菌による感染症や伝染病の可能性もあります。また、糞や尿からゴキブリやハエなどが繁殖する可能性もありますから、さまざまな危険性を伴ってしまいます。

そのため、できるだけ早くこうもり撃退を行うことが大切です。こうもり撃退に有効な方法としては、こうもりが嫌がるスプレーを吹きかけて追い出したり、こうもりが嫌がる超音波を発する機械を設置して追い出すという方法があります。

どちらの方法も定期的に使用することでこうもりを遠ざけることができますが、やめてしまうと再び戻ってきてしまいますから、侵入口を塞ぐことも必要です。

どんなにこうもり撃退を行っても、家中の侵入口をすべて塞がないと意味がありません。個人で発見するのが難しいと思った場合には、専門の業者に依頼した方がよいでしょう。

その際には、事前に侵入経路を徹底的に調査してくれる業者を選ぶことが大切です。こうもりは繁殖して数を増やしてしまいますから、できるだけ早く対策をとることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です