2017年11月30日

効率よくいたち駆除を行うための基礎知識

いたちは知能の高い生き物で、安易に罠を仕掛けて一度警戒されてしまうといたち駆除業者ですら手を焼く自体へと変貌します。

また、いたちは鳥獣保護法によって守られており、地域によって自治体に捕獲許可を求めたり狩猟免許が必要であるなど、いたち駆除にはある程度のコツと基礎知識が必要です。

私たち一般人にとって捕獲はほぼ不可能であるため、民間が行ういたち駆除方法は必然的に「追い払う」のみとなります。最もポピュラーな駆除グッズは忌避剤です。

ホームセンターなどに行けば、いたち専用の製品が販売されています。侵入経路が分かる場合は侵入口から遠い場所に設置して、侵入口が分からない場合は巣がある場所もしくは天井裏の中央部分に設置しましょう。

忌避剤は、噴霧タイプよりも固形・ジェルタイプの方が効き目は長く効果的です。また、いたちは強い光も苦手です。

強いストロボ光に当たると、人間に発見されたと感じて、危険を察知して逃げます。こちらもホームセンターなどで専用の忌避装置が販売されています。クリスマス用のイルミネーションでも代用可能なので、そちらを使用しても良いでしょう。

無事追い出しが成功したら、二次被害の対策を速やかに行います。

糞や巣の撤去、そして清掃と侵入口の封鎖です。いたちは定点で排泄物を残す習性があります。縄張り意識を持つ生き物であるため、その臭いを頼りに戻ってくる可能性があるため必ず排泄物・巣を撤去してきれいに清掃しましょう。

放置すれば、害虫や病原菌の温床にもなります。また、再度侵入を許さないために、金網や金属製のネットで通風口など侵入口を必ず塞ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です