2017年10月31日

見た目は可愛くても凶暴ないたち駆除

可愛い見た目のいたちですが、俊敏で身体能力が高く、雑食で凶暴な動物です。

わずかなすき間から住居の天井裏などに侵入して騒音被害や糞尿による汚染、鳥などのペットにも被害をもたらすことがあるのです。

いたちは鳥獣保護法の対象になっているため、基本的にメスは捕獲することができず、オスも狩猟期間外や自治体の許可無く、駆除や捕獲は禁じられているのです。被害が深刻な場合は、専門の業者に依頼すれば、捕獲器などを使用して確実にいたち駆除することができます。経度の被害であれば、忌避剤などを使って追い払うことができるのです。

嗅覚が発達しているいたち駆除には、木酢液や忌避剤の強い臭いが有効です。そして天敵の動物の尿を原材料とした忌避剤、アニマルピーも嫌うのです。

いたちの巣がある天井裏の中央に忌避剤を設置しましょう。

そして夜行性のいたちは、強い光が苦手です。

光を乱反射するCDやホログラムシートを吊して、キラキラ不規則に光るディスプレイ用のイルミネーションの光を点滅させると驚かせることができるのです。

いたちの気配が消えて追い出しに成功したら、侵入口を金網などで塞ぎ、忌避剤を置いておきましょう。そして巣の撤去と清掃、消毒などが必要になるのです。

悪臭を放ついたちの排泄物は害虫の発生の原因にもなり、縄張り意識の強いいたちが戻ってくる可能性もあるのです。清掃と消毒を行う場合には、マスクや手袋の着用など衛生面の配慮が大切で、場合によっては補修も必要になるのです。

清掃や消毒に自信がないという場合には、いたち駆除は専門業者に依頼することも選択肢のひとつでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です