2017年10月31日

こうもり対策はとても簡単

家にこうもりが住み着いてしまうと、そのこうもりのふんなどによって間接的に人間に害を及ぼします。

日本の家に住み着くアブラコウモリは、直接人間を襲うということはほぼありませんが、やはり感染症の原因となったり、細菌やウイルスを持っているなど様々な害があります。しかし、こうもりは鳥獣保護法によって守られている動物ですので、家に住み着いてからでは、退治することが難しいです。

そのため、事前のこうもり対策が大事です。まず、こうもり対策で一番気を付けたいことは、侵入経路をふさぐということです。家に入ってこられる場所をすべてなくしてしまえば、こうもりが住み着くことはほぼあり得ません。

実際にこうもりが住み着く場所は、屋根裏や床下などの暗い場所です。ですから、それらの入り口をふさいでしまいましょう。しかし、完全に密閉してしまうとかびの原因となってしまうため、金網などの通気性が良いものでふさぎましょう。また、超音波を発生させる器具をあらかじめ家の中に設置しておくことも効果があります。

こうもりは超音波を自ら出すことで自分の位置や障害物を把握しています。そのため、超音波を発生させる器具が置いてあると、こうもりは感覚を乱されるため、住み着くことができなくなります。価格も高くはないので、簡単に取り付けることができるのでお勧めです。こうもり対策は、業者に依頼しなくても自分で行えます。住み着いてからでは遅いので早めの対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です