2017年10月31日

いたち駆除法と発生原因

いたちは、見た目とは違い性格は凶暴で、小型のネズミや鳥以外にも、自分よりも大きな生き物を補食することもあり、狐や鷹、鷲などの天敵といわれています。

イタチは、肉食性が強く、雑食ですから食べ物が豊富にある民家周辺を寝床にすることもあり、都市化のすすむ人家周辺にも、生息するようになってきています。

いたちによる被害として、屋内外に糞尿を排泄されることによる悪臭や、天井裏を走り回る騒音、人間の出したゴミを漁る、農作物への被害、ノミやダニなどの害虫の発生などがあげられます。

このように、いたちによる被害は、精神的にも衛生的にもダメージを与えるものですから、早期にいたち駆除を行う必要があります。

いたち駆除を行う前には、まずいたちの生態状況を調査することが大切です。カメラやセンサーなどで侵入箇所などを確認した後には、捕獲器や忌避剤などを使用していたち駆除を行います。

巣の出入り口に捕獲檻をセットして、煙を焚いて巣から追い出していきます。また、巣から追い出した後には、忌避剤を使用して、再び寄せ付けない対策をとることも大切です。

いたちはわずか数センチでも潜り込むことができますから、侵入口となるような穴は確実に塞ぐことが大切です。

いたちは、穴を掘る能力がありますから、地面とフェンスの境界部分もチェックしておきましょう。また、床下や屋根裏の換気口も、侵入経路となりやすいので、徹底的に穴を塞ぐようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です