2017年7月20日

こうもりの習性とこうもり対策のやりかたについて

こうもり対策として、こうもりの生体をまずよく知っておくことが大切です。

こうもりの繁殖期は7月から8月、冬には冬眠します。こうもり対策をするのに一番適している時期としては、繁殖期の駆除は難しいため、春先から6月頃、もしくは秋ごろの冬眠する前に行うことが理想です。

こうもりの行動として、空が薄暗くなるくらいから餌の捕食のために活動し、10時から11時ごろに戻ってきます。

こうもりはほとんど目が見えず、電波を発して、跳ね返った電波によって、餌の距離や大きさなどを完治しているため、電波を嫌います。こうもり対策をする際には、その電波を利用した対策をとります。

こうもりがいる頃や帰ってくるころなど、ラジオや微弱な電波が出る電気製品などで電波を攪乱することで嫌がり、すみ家を変えてくれる可能性があります。

要らないCDやDVDなどを吊るしておくことも、こうもりの電波を攪乱することができるので、嫌がります。他にも、いそうな時に害虫駆除スプレーをかけたり、忌避剤や木酢液なども高価が望めます。こうもりの留守中に蚊取り線香をたくことで、こうもりが嫌う臭いですが、そういった臭いも嫌うため効果的です。

こうもり対策をする場合、こうもりは絶滅危惧種に分類されている種類がほとんどなので、簡単に駆除するというわけにはいきません。

最後に、こうもり対策の際に、何等かの病原体を媒介する可能性があるため、素手で触ることは避け、噛まれて病原菌が住んでいるかわからないため危険なので、しっかりと手袋とマスクをして処理する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です