2016年10月1日

ネズミ駆除では侵入させないことが大切です

ネズミの駆除は物などに被害があった場合や姿が確認できるなどした場合に行われますが、ここでは罠を仕掛ける方法が用いられます。しかし、ネズミの駆除では寄せつかせないことも大切なことになり、外部からの侵入を防ぐことでより効果が期待できることになります。侵入対策は専門業者に依頼をした場合にも真っ先に行われる内容となっており、自分で行う場合にも大事なポイントの1つになります。対策には専用の商品を利用して行いますが、ネズミにかじられても問題が無ければ一般的に市販されている金網も使用することができます。専用商品としては、主なものとしてはまず防鼠金網があります。防鼠金網は侵入をしてくる穴や隙間に張ったり詰めたりすることで対処をする商品になります。特徴として簡単に手で曲げれることがあり、縦長や横長の侵入口にも隙間なく設けることができるようになっています。効果を高めるには、スプレータイプの忌避剤をかけておくことで破られる被害を防ぐことができます。2つ目としては忌避剤の使用があります。商品としては煙や蒸気が出る燻煙式のものや設置式など様々なものが販売されていますが、侵入口が分かっているような場合にはピンポイントで対処できるスプレー式が向いています。ただ難点としては効果が確実でないことがあり、部屋などで使用する場合にも、他のものに付いてしまわないように事前に片付けや掃除をしておく必要があります。侵入対策を行う場合には、既に住み着いているようであれば駆除をしたり追い出しておくことが必要になりますが、遠ざける方法として最近では超音波を発する機械も利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です